toggle
2017-10-26

アワード審査員紹介③ EYESCREAM編集部

こんにちは、広報部の中澤です。

 

アワード『読者に薦めたい一冊』の審査員紹介記事第三弾!今回紹介するのはアワード審査員としてSFF2017に参加してくださるEYESCREAM編集部です。

 

EYESCREAM

 

時代はサブカルチャーに反映される

EYESCREAMは、それを研究しスタイルとして紹介するメディアです。

ファッション、音楽、アート…など、時代を形成するカルチャーの中で光を放つ、先鋭的な存在を紹介します。

軸となるのはPEOPLE=人間、それを取り巻く場所=SPOT、服装=FASHIONが織りなす文化=CULTUREを総合的に探究し、現代を紐解いていきます。

キーとなるのは偏愛。つまり、偏っている考えが生み出すものほど魅力的で、一見するといびつに感じるものほど新しい。

マジョリティもマイノリティも関係なく、次の時代を形成していく自由なカウンターカルチャーにフォーカスします。

毎月取り上げられる旬なトピックで今回の参加者・制作者の読者も多いはず。個人的には豪華な連載陣が魅力的でつい手に取りたくなります!

 

ファッション・ポップカルチャーを席巻するEYESCREAM編集部の皆様が選ぶのは一体どんなフリーペーパーなのでしょうか。今からとても楽しみです!またEYESCREAM編集部からは3名の方が11月25日の交流会に来てくださいます。編集部の方達と実際に会えるまたとない機会、ぜひ活用してください!

 

これからもSFF2017に関する情報を更新していくので出展者の皆様をはじめ、フリーペーパーや本・雑誌に興味のある方はお楽しみに!

関連記事