booth

  1. 出展団体一覧
  2. 出展者募集
  3. 出展団体の皆様へ

ブース出展団体一覧

ACD MAGAZINE

京都芸術デザイン専門学校は京都で唯一のデザインの総合学校です。イラスト・デザイン・ものづくりなど、2年間、コース毎に多くのことを学んでいます。その中で専攻科は2年間の学びを終えた学生が1年間それぞれの技術を活かし、個人で、そして協働で作品を制作する学科となっています。

 

 

あなたの
せいしちゃん

日本大学芸術学部の2、3年生約10名で活動している団体です。自分だけの友達”せいしちゃん”をメンバー各自が表現して読者の皆様にも自分の”せいしちゃん”について考えて頂こう、というコンセプトの「あなたのせいしちゃん」を発行しています。

 

 

アリオーゾ

アリオーゾのコンセプトは「いつもと違う今日のためのフリーペーパー」をお届けすること。WEBと連携し、年2回のフリーペーパーの発行を中心に活動しているメディアサークルです。

いつも通りの日常を送る学生たちに、生活の楽しい変化を感じてもらうきっかけのひとつとなることが、私たちの思いです

 

 

BACKPACKER

学生団体S.A.L.は世界を旅し、そこで感じたことを人々に伝える活動を行っています。S.A.Lの ”S” は Send out(伝える)”A” は Aid(救う)”L” は Learn(学ぶ)を意味しています。何をどうやって伝えるかはそれぞれが考え、伝えるもの伝え方に応じてプロジェクトを組織しています。

動画、雑誌、ネット、ソーシャルビジネスなど多岐にわたっています

 

 

フリーペーパーBIG

茨城大学の有志で制作している「フリーペーパーBIG」です。普通のフリーペーパーではやらないような刺激的なテーマを、真面目に取り上げていきたいと考えています。

 

 

biscUiT

「東大女子のためのフリーペーパーbiscUiT」は、東大女子をターゲットにしたフリーペーパーを年2回発行している団体です。編集部員は東大女子のみで構成されています。東大女子が共感できる情報を発信することで、東大の中で少数派である女性を互いに結び付け、東大女子の行動のきっかけとなることを目指しています。

 

 

月刊Blooming

茨城大学のフリーペーパー月刊Bloomingは、編集員の言いたいこと、知りたいこと、形にしたいものをそれぞれの号の特集テーマに設定します。無難なものからきわどいものまで、(大学学務と戦いながら)振り幅広めに発行しています。

 

 

bootleg

明治大学フリーペーパー工房は、2006年4月に結成した明治大学の公認団体です。年3回のフリーペーパー『bootleg』の制作・配布に加え、毎年4月には履修情報誌『uni:gate』の製作・販売を行っております。

 

 

C-mail

「広報誌を通して学生目線の意見を伝える」をコンセプトに活動しています。茨城での配布が主ですが、他の地域の方にもその思いを発信したいと思い、参加させていただきました!

 

 

CAmpusBridge

私たち、CAmpusBridge(通称:キャブ)は、信州の学生向けフリーペーパーを作るサークルです。4月・7月・10月・12月の年4回(うち1回はWEB配信)発行しています。

「大学と地域をつなげる架け橋になりたい!」そんな思いで設立され、今年で11周年となります。企画・営業・制作・配布すべて、私たち学生の手によって行われています。

 

 

Capital

「Capital」は関東カープファンをつなげるためのフリーペーパーです。神宮球場、横浜スタジアム、東京ドーム……球場を訪れるたびに感じる熱気。関東のカープファンの激しさはどこからくるのだろう。

この情熱をもっともっと広げてつなげて大きくしていきたい! そんな思いに突き動かされて創刊したのが「Capital」です。 「共有できるなにか」から「ファンとファンをつなげられるなにか」へ。 大学生2名が始めたフリーペーパーは、ただいま大学生16名で、7年目の活動を行なっています!

 

 

チャカル

アタリマエを疑うフリーペーパー

文化を「見る」「聞く」「話す」

 

 

choice

私たちは、2011年に発足し主に高校生向けフリーペーパー「my top-IC(マイトピック)」を制作しているサークルです。昨年から新たに大学生向けフリーペーパー「choice」の制作を開始。

規模の小さい冊子ですが、仲良く楽しくをモットーにより多くの方に読んでいただけるよう日々活動しています。

 

 

Chot★Better

私たちの団体はChot★Betterの年4回の発行に向け、編集会議、営業活動、デザイン作成を行っています。また、フリーペーパーを発行するだけでなく旅行や飲み会などサークルとして楽しむことも忘れないをモットーにしています。

読者である大学生に面白いと思ってもらうためにも大学生らしい感性を大切にしたいと思います。

 

 

CROQUIS

校内の学生向けということでターゲット層のかなり絞られた媒体なので、興味を持ってもらえる特集作りというのには力を注いでいます。過去に同じようなネタを取り上げてないか、他のフリーペーパーとの差別化はできているかなど、毎回メンバーで会議を重ね、制作までもって行きます。

自分たちのスキルアップももちろんですが、まずは読み手に楽しんでもらえる誌面というのを一番に考えて制作しています。

 

 

Cue

Cue編集部は、「大学生に彩りのあるきっかけを」を合言葉に、フリーペーパー『Cue』を年2回発行している団体です。 通年で編集部員(ライター、デザイナーともに)を募集しています。

 

 

たびぃじょ

たびぃじょとは、かわいくて、おちゃめなひとり旅好き女子のことです。ひとり旅に興味はあるが踏み出せない、ひとり旅に不安を感じる、そんな女子の疑問を解消し、大学生の目線で女子ひとり旅を提案します!

たびぃじょ

 

 

D'less'D

私たちは、ファッションを通して「自分自身の個性」を表現 する学生の感性を受信し、フリーマガジンを通して発信します。

そし て、学生だけでなく、社会でファッションに携わる方々にもご協力頂 き、様々な提案を通して学生に対し、「“ありふれた”から見えてくる “新しい”発見」を促すことを活動目的としています。

 

 

each,

京都橘大学×「たいせつ」×〇〇

 

【each】: それぞれ  京都橘学生が、京都橘学生に送るフリーペーパー。
「たいせつ」なモノ、ヒト、コト。
誰もが一つは持っていると思います。
それは人それぞれ。
そんな「たいせつ」を再確認するため、心に響く言葉とデザイン、感じされる写真、そして温かみの感じられる上質紙の使用にこだわっています。

 

 

ENJI

2009年10月、”ファッションデワセダヲカエル”をコンセプトに発足しました。年3回発行するフリーペーパーやSNS、ブログにおける定期的な情報発信を通し、「早大生のファッションに対する意識の改革」及び「早稲田のファッション街化」の実現を目指しています。

 

 

FASTNER.

2009年10月、”ファッションデワセダヲカエル”をコンセプトに発足しました。年3回発行するフリーペーパーやSNS、ブログにおける定期的な情報発信を通し、「早大生のファッションに対する意識の改革」及び「早稲田のファッション街化」の実現を目指しています。

 

 

F.W.A.

青学生に向けファッションやグルメ、カルチャーの情報を発信しています。

 

 

フリーペーパー『粋』

名古屋大学生と南山大学生に驚きとキッカケを。

私たちは2003年から、フリーペーパー『粋』を年4回・毎号5000部発行しています。「枠から一歩とび出そう」をコンセプトに、2大学に密着した『粋』ならではの、気軽に読めてためになるコンテンツをお届けします。

 

 

ガクチュー!

2009年10月、”ファッションデワセダヲカエル”をコンセプトに発足しました。年3回発行するフリーペーパーやSNS、ブログにおける定期的な情報発信を通し、「早大生のファッションに対する意識の改革」及び「早稲田のファッション街化」の実現を目指しています。

 

 

Geikou Press

「デザインをもっと身近に」をコンセプトに情報を発信しています。

 

 

月刊妄想星占い

フリーペーパーと可愛い女の子を描くことが好きな大学生が一人で制作しています。 昨年は別のフリーペーパーでSFFに参加を致しましたが、今年は此方でまた参加をさせて頂ければと思い応募致しました。 まだまだ至らない点も多々ございますが、来春、就職した後も大好きなフリーペーパー制作は続けていきたいと思います。

 

 

GIFT

「岐阜の学生に刺激を与える。岐阜と学生をつなげる。学生と学生をつなげる。」の3つをコンセプトとし、創刊から約10年間、岐阜に住む・通う大学生約30人で活動しています。主な活動としては、年に4回季刊誌として、岐阜で唯一の学生フリーペーパー「GIFT」を1万部発行しています。

取材・営業・編集など、印刷以外は全て学生のみで行っており、岐阜の大学や専門学校、その近辺に自分たちの手で配本しています。 また、岐阜県は大学同士が離れているため、他大学の学生と交流する機会があまりありません。

そこで我々学生団体岐阜人は、「GIFT」の発行と共に、イベントを春夏秋冬と4回開催しています。 前回のイベントでは、長良川の豊かな水源を使用し、500人以上のイベント参加者と水かけ祭りを行いました。大いに盛り上がり、岐阜に関心を持ってもらうきっかけづくりとなりました。

 

 

GMODE

GMODEは富山大学芸術文化学部の学生が作るフリーペーパー。アート、ファッション、サブカルチャーなんでもござれ。《美大っぽさではない「芸文らしさ」をかたちに》をコンセプトに活動しています。

 

 

GRAPH PRESS

私たちの使命は、グラフィックデザイン学科の在学生や卒業生、研究室スタッフの方の声を伺い、読者にこの学科の可能性、潜在性をより深く理解してもらうことです。本誌をきっかけに学生のライバル心や目標意識、制作欲を刺激し、更なる活動をおこすきっかけとなることを期待します。「タマグラを引っ張っていく存在」として相応しいものになるよう、制作に励んでいます。

 

 

HearTo

学生団体S.A.L.のプロジェクトの1つHearToとは、インタビュープロジェクトです。国際的に活動されている方に対しインタビューを行い、その人の活動内容だけではなく、価値観、人間観を問い、フリーペーパーやWebサイトで発信しています。国際協力に興味ある方はもちろん、興味がない方にも様々な職業や活動家を紹介文することで、少しでも興味を持ってほしいという思いで活動しております。

 

 

HOWDY

【多彩なエンターテイメントを通じて社会に感動をもたらす】を理念とし、理念達成のためイベントとフリーペーパーという2ルートを開拓しながら団体活動をしています。 毎回伝えるテーマ、そして誰にどこでどう伝えるのかを練り学生の枠を超えて日々動いています。

 

 

金沢HAKKEN

こんにちは!横浜市立大学学生広報ワークショップです。私たちは現在3年生4人、2年生8人、1年生2人の計13人で活動しています。大学のある横浜市金沢区の魅力を、学生の視点から発信しています。

 

 

かんだちめ編集部

テキスタイルデザイン、と聞いてピンとくる方は多くはないと思います。そこで私たちが普段学校で何を学んでいるのか、どんなものを作っているのか。卒業生は社会でどんな活躍をしているのか。知ってみると身の回りの生活では欠かせないものを作っていたり、テキスタイルデザインってこんなものまで作っているんだ!という驚きがあったり、少し目を凝らして見てみると、深くて広い魅力に満ち溢れています。そのような発見やときめきを読者の方々にお届けできるように日々制作しております。

 

 

神戸大学総合情報誌KooBee

神戸大学生による神戸大学生のためのフリーペーパー。神戸大生なら知らない人はいない、学生のニーズに応えた冊子です。この分厚さと、ほぼ全ての冊子を手配りするのが特徴。

 

 

コトノハ

私たちコトノハは、学生が奈良の素敵な情報を発信するフリーペーパー団体です。
奈良の「人と学生」の架け橋となることを目指しています。

 

 

KUULS

私たちは映像・広告・出版の3パートで構成されており、出版パートは普段から各々が好きなことを記事にしています。さらに、年に一度、学祭で配布するためのフリーペーパーを作っています。

 

 

LABORATORY

桑沢デザイン研究所の学生有志が発行するフリーペーパー「LABORATORY」。 年に二回、毎号テーマや雑誌の体裁を変え発信していきます。 LABORATORYとはその名の通り研究を意味しています。 決められたテーマを研究し、掘り下げ、そこから導き出された桑沢の学生独自の視点を楽しんでいただけるような内容になっております。 是非手に取ってみてくださいね!

 

 

Lin:KU

「出会う、つながる、あたらしい私」をコンセプトにし読者の皆様にそっと寄り添い、ほんの少しのその勇気を大きな一歩にするべく制作を続けています。

 

 

macho

「女子大生の『なりたい』を形にしたい」という想いから2014年2月に同志社・同志社女子大学の学生を中心に「macho編集部」を設立し、女子大生のキャリアサポートを目的としたフリーペーパーを制作、発行しています。

 

 

Magadipita

Magadipitaは学生団体S.A.L.に所属するプロジェクトで、その名前はmagazine×serendipity(思わぬものを偶然に発見する能力)という意味です。つまりこのフリーペーパーが身近にはない国際問題との偶然の出会いを与えてくれます。新感覚のカルチャー誌です。

 

 

meる

SNSにより他者からの承認が「いいね」の数によって可視化されました。その影響で我々は他者からどう見られているかばかりを気にして、自分と向き合う時間が少なくなっているのではないか。このような問題意識から生まれたのが、自分や日常に潜む「好き」を探す手帳「meる」です。ぜひお手にとってみてください!

 

 

「目白大学新聞」

目白大学社会学部メディア表現学科の三上ゼミ(出版・ジャーナリズム専攻)では、年2回、「目白大学新聞」を制作しています。大学を代表する唯一の新聞ですが、無代で配布しているのでフリーペーパーだといえます。

編集長は学生(セミの3年生)で、編集部員も全員学生です。学生が自ら企画・編集・写真撮影・レイアウトまで一連の作業を担当します。いわば学生の手作り新聞です。コンセプトは大学とその周辺地域で起こっていることを外部の読者にフランクに伝えることです。

 

 

Mix

私たちマイルストーン編集会は、早稲田大学のいわゆる裏シラバスである『Milestone Express』を発行しています。さらに『MiX』というフリーペーパーや、『新歓MiX』という新歓情報を掲載した冊子を制作している、早大一知名度の高い出版サークルです。

 

 

moco

フリーペーパーmocoはそれぞれの夢を抱き、多岐に渡る活動をする大学生を取り上げている、大学生しか載っていないフリーペーパーです。

大学生の街、京都。10人に一人が大学生といわれるこの街から発信するのは大学生の夢への「想い」です。大学生のモチベーションを上げるきっかけを与えるということを活動理念とし、様々な学生を掲載することで、こういう学生生活の楽しみ方もあるんだという気付きを与え、読者が前へ、上へ一歩踏み出す勇気につなげてもらいたいと思っています。京都の地から関西、全国に向けて大学生の「想い」をつなぎ、広げていくことを目指しています。

 

 

momo

momoでは一冊の号に一貫したストーリーを描くように心がけています。今回のテーマは「古いもの」。この一冊を通して私たちは読者に「古いものこそ新しい」というメッセージを伝えたいと思っています。純喫茶、古書、古着、廃線、、ノスタルジーだけでなく、発見や真新しい価値観を持っています。普段は気づかないものの魅力、そういったものをmomoで改めて伝えていきたいと思っています。

 

 

OUTSIDER

「ちょっとフリーペーパーを作ろう」というノリから産み堕とされた雑誌です。100%PowerPoint製。高校時代にデザイン関連の本を2冊ぐらい読んだ気がする経済学部生と、映画製作のサークルから流用してきた一眼を使いこなす法学部生と、取材道中にいろいろ面白いことを喋って場を回す経済学部生の三人で作っています。

自分たちでできることは自分たちで、を大きな目標としています。何か面白いことをしよう、普段行かないところに行こう、知らない人と話をしよう、みたいな気持ちを大切にしています。

 

 

pocket

学生の「想い」を「カタチ」にをテーマとするPocketは、モデル、編集部員、カメラマン等、様々な形で群馬県内の学生が繋がり、年に4回、各号4万部を発行するフリーペーパーです。読者の方が自分のポケットに入れて持ち歩きたくなるような、そんな1冊を目指し活動していますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

 

 

RAW

多摩美術大学プロダクトデザイン専攻の学生が有志で制作・発行しています。毎号ちがったテーマを介した視点から プロダクトデザイン(ものづくり)を見つめ直し、発見した魅力を伝えるフリーペーパーです。

 

 

Re:ALL

Re:ALL製作委員会は早稲田大学で最も新しい学部、文化構想学部をPRするために創られました。半年ごとにコンセプトを変え、それを軸にメンバーが挑戦したいことを企画し発信しています。

 

 

Re:Go

法政大学を中心に活動しているフリーペーパー制作団体です。私たちは「大学生の感性を刺激し、可能性を発信していく」ことを目指して、大学生である"イマ"しかできない「フリーペーパー」を制作しています。

 

 

R’smagazine

R’smagazineでは物事を様々な視点で捉えた企画をテーマにして制作しています。きっと新たな発見があるのでぜひ手に取ってみてください!

 

 

Seel

立教大学を中心に活動しているカルチャー系フリーペーパー団体で、 「THE DOOR TO CULTURE」というコンセプトのもと、毎号異なるカルチャーを取り上げる、見て(See)感じる(Feel)フリーペーパーです。

 

 

静岡時代

「大学生メディア」づくりを起点に、県内大学生のネットワークを構築し、大学の専門知を集めて地域の社会課題に取り組む大学生のシンクタンク。静岡県のプレゼンスを向上させ、静岡県の大学への進学を希望する若者を増やし、卒業後も静岡で生きて行きたいと思える社会をつくります。静岡県公式ソーシャルメディア企画制作。

 

 

S.I.B

S.I.Bは、群馬県立女子大という小さな大学の小さなフリーペーパーサークルが、年に3回発行する私たちの「想い」そして「ことば」です。S.I.Bは「Seeing is believing」、百聞は一見にしかずの略から来ています。もう1度言います、「百聞は一見にしかず」ですよ?

 

 

SOURCE

我々は埼玉大学の学生団体FPというサークルです。SOURCEを年間5冊発行しています。埼玉大学生をターゲットにして大学の活性化を目標に、案出しから配布まで全て自分達で行っています。是非読んでみて下さい。

 

 

stand by me

私たち成城大学マスコミ研究会は、「成城生の、成城生による、成城生のためのフリーペーパー」をモットーに成城生の大学生活をより面白くできるような内容を目指しています。年に2回、夏と冬に1000~1500部発行。今年で記念すべき15号発行と設立10周年を迎えました。

 

 

susteco

みなさんこんにちは!大学生発、人と地球と笑顔のためのフリーマガジン「susteco」を発行しています、学生団体サステコ編集部です。未来を創るのは今を生きる世代であるわたしたち大学生の役目。地球のためにも、自分自身の笑顔にもつながるような身近で楽しいアイデアを、新しい切り口から素敵なデザインと共にお届けします。

 

 

宇宙フリーマガジンTELSTAR

私たちは、次世代の宇宙開発を担う高校生に向けて、フリーマガジンの制作・配布や、SNSでの情報発信、イベントを通して宇宙の広報活動を実施し、宇宙開発の必要性や魅力を伝えています。人と宇宙を繋げ、日本の宇宙産業を盛り上げることがTELSTARの使命です。

 

 

The Waseda Guardian

来る2020年、デザインや科学技術の観点からより社会を明るいものにしていきたいという思いから結成されました。2016年現在、一部の2020年に対するネガティブなイメージを我々のフリーペーパーが払拭できることを強く願っています。

 

 

thREAD

来る2020年、デザインや科学技術の観点からより社会を明るいものにしていきたいという思いから結成されました。2016年現在、一部の2020年に対するネガティブなイメージを我々のフリーペーパーが払拭できることを強く願っています。

 

 

ツクマガ

全国から多くの学生が集まり学生生活を送っている「つくば」。そんな学生たちの「つくば」での暮らしがもっと刺激的で楽しいものになるように、私たちは学生団体C4は、フリーペーパー『ツクマガ』・webサイト「ツクナビ」を通して「つくば」の魅力を発信しています。

 

 

U

「うまカレ」とは競馬を愛する大学生が集まった団体です。文化(小説や漫画の題材となっている)であり、科学(競走馬の血統などはもはや学問)であり、世界最大のスポーツ (10万人集まるスポーツは数少ない)である競馬の面白さや奥深さを同世代に伝えるため、若い世代から競馬界を盛り上げるため、フリーペーパー制作のほか、イベントの企画・運営、テレビ出演などの活動を行っています。

 

 

早稲田広告

広告研究会は100年以上も続くサークルです。広告を「人を動かすもの」と捉え、日常生活を広告でどう変えていくか研究しています。企業から頂く、課題に沿って広告を制作することはもちろん、大学のサークルや周辺の商店街など多角的なアプローチで広告を発信することにより日本を盛り上げようと日々奮闘しています。

 

 

WASEDALINKS

 

 

ワセキチ

早稲田大学マスコミ研究会は1967年創立以来、今年で50年目を迎える大学公認の出版サークルです。会員は現在約100名。普段は3つの分科会に分かれ、マスコミ研究などメディアをはじめ政治、経済、文化、社会問題を幅広く研究し、年に2回オールジャンルのフリーマガジン『ワセキチ』を発行・配布しています。私たちの活動は机や本に向かうだけではなく、実際に足を運び、様々な分野で活躍なさる方々に直接お話を伺い、自らの目で確かめることです。また、一年に一度早稲田祭にて著名人をお呼びし、講演会を開いています。このように『理論と実践』をモットーに活動を展開しているのが、私たちマスコミ研究会です。

 

 

WATCHä!!

私たちの制作するウォッチャは北九州において唯一の学生のみで作るメディア媒体であり、「北九州の学生による学生のためのフリーペーパー」をモットーに、年三回発行しています。

 

 

whim

『whim』は立教大学の学生で構成される学生出版団体です。「思いつき(=whim)を行動に」をコンセプトとしています。記事内容は、立教あるあるネタから、恋愛、グルメ、ファッションとさまざまで、立教生一人ひとりの行動を喚起し、動き出すキッカケづくりをしています。

 

 

やっほー

私たちくにたち富士見台人間環境キーステーション(KF )は、富士見台地域の発展を目指して設立された富士見台地域の方々と主に一橋大学・津田塾大学の学生で構成されているNPO法人です。

商店街を地域コミュニティの拠点と考え、商店街の空き店舗を利用して、コミュニティカフェや地元野菜と地域物産の店、多目的ホール、雑貨屋を営む他フリーペーパー「やっほー」の発行や「やほレンジャー」の活動、その他商店街との連携事業などを行っています。

 

 

© Student Freepaper Forum 2016

© Student Freepaper Forum 2016